バイオマスの未来には、交通事故による怪我や等級認定はない

バイオ燃料がもっと身近に開発実用されるようになると、
自動車の走行もバイオマスで可能になる日がくるでしょう。
少し話は脱線しますが、バイオマスによる自動車の走行よりも私個人的には、
自動車の自動化こそ実現していてくれないかと考えてしまいます。
というのも、事故による怪我やそれに伴う交通事故の等級認定の話を聞くたびに、
人的ミスとはゼロや限りなくそれに近くするのには限度があると考えてしまうからです。
出来たら、バイオマスで車が走る時代には事故は0や稀なケースである事を願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です